2016年08月01日

Wiggleでホイールがたたき売り状態です。ヘルメットも!

イギリスの自転車海外通販店wiggleですが、ホイールが激安です。

今日のwiggleの換算レートが1ポンド151円位でしたから、ポンド建てで決済すればここに書いてある日本円価格より多分5%ほど更に安く買えます。

リンク先もポンド建て決済できるようにwiggle.co.ukの方にしておきましたので、「wiggle.jpに移動しますか」と出ても「いいえ」をお薦めします。

ポンド建て決済の注意は最後にまとめてありますので、買う気になったら読んでください。

それでは商品の紹介をします!最初にKASKのヘルメットから。

KASKのPROTONEが32%引き。
流行りのオープンエアロヘルメットです。
フルームも今年はこれでモンヴァントゥ登ってましたから、完全な普段使いエアロヘルメットです。
元はけっこう高価な商品ですが、この値段なら買いたい。
Kask Protone Road Helmet ¥24488



KASKのメジャーな商品Mojitoも33%引き。
こっちは一般的な見た目の一般的な商品ですが、いいものですからこの価格は安いと思います。
Kask Mojito Road Helmet ¥13993



お待たせしました。ホイールです。
シマノのRS81 C35が43%引き。
セミディープでエアロでカッコイイのに、重量も1631gと決して重くない。
なかなか魅力的ですね。
Shimano RS81 C35 Carbon Clincher Wheelset ¥53713



シマノのRS81 C50が45%引き。
1908gと重いので平地番長ではありますが、リムも広くエアロ効果が大きく期待できそうなホイールです。
ドレスアップ効果ももちろんですが。
Shimano RS81 C50 Carbon Clincher Wheelset ¥69126



シマノのホイールRS81が42%引き。
サバを読まないシマノの重量表示が1502gなので、なかなかの軽量ホイールです。
カーボン補強でリムが特に軽いので慣性も小さく、乗ると更に軽いホイール。
Shimano - RS81 C24 カーボンクリンチャーホイールセット ¥46041



9000デュラエースのC24ホイールが41%引き。
こちらもサバを読まないシマノの公式数値が1387gと相当の軽量ホイールです。
この価格でこの重量はないわ。
Shimano Dura Ace 9000 C24 Clincher Wheelset ¥74679



フルクラムのレーシング3が何と47%引きです!
ゾンダが高くなってしまったので、今はレーシング3がお買い得。
重量は1555gとゾンダ同等ですが、白ハブがかっこいい
Fulcrum Racing 3 Clincher Wheelset ¥37950



レーシングクアトロが47%引き!
シロッコ35よりもこっちの方がグラフィックがカッコいいと思います。
Fulcrum Racing Quattro LG Alloy Clincher Wheelset (2016) ¥24893



カンパのシャマル2-way fitが43%引き。
1440gで高剛性のアルミスポークでセラミックベアリング。
これも安いです。
Campagnolo Shamal Ultra Mega G3 Clincher 2-Way Fit Wheelset ¥76095



カンパのアルミ/カーボンディープリムホイール、ビレット50が43%引きです。
1755gと軽くはないですが、高速巡航とドレスアップにはバッチリ寄与します。
これも安いですね。
Campagnolo Bullet 50 Carbon Clincher Wheelset ¥73461



カンパのシャマルミレが38%オフに値引き率アップ。
黒リムでカッコイイし、軽くて堅くてベアリングがセラミック。文句付けるところがない。
Campagnolo - Shamal Mille アロイクリンチャーホイールセット ¥91440




で、wiggleポンド建て決済の方法ですが、まず、
wiggle.jp
のほうで買い物すると、自動的に円決済になってしまうので、
wiggle.co.ukのほうで買い物する必要があります。「wiggle.jpに行きますか?」と出てきても「いいえ」を押します。

Wiggle.co.ukへのリンク

次に

右上の国旗が出ている所(赤で囲んだところ)をクリックします。
wigchoicelang.png

そうすると、言語/通貨/配送先の国を選ぶ画面になるので、ここでGBP(グレートブリテンポンド)を選択します。
wigchoicecurrency.png

嫌らしいことに、言語で「Japanese」を選択すると自動的に通貨がJPYになってしまうので、言語は英語で頑張りましょう。
そしてポンド表示のまま、カードで決済します。日本のクレジットカードでも全然問題ありません。


話変わってフルームの例の「トップチューブの上に座って高ケイデンスでこぐ下りアタック」ですが、



ちょっとやってみたらスローピングの付いたフレームでもあったのでメチャ踏みにくかったです。
あれはきっとひそかに練習していたはず。




関連記事

スレッドテーマ:自転車:趣味・実用

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック